かき氷

吉祥寺にある「たいやき そら」のかき氷と焼き芋がめちゃくちゃ美味しい!

【2019年5月18日追記】
2019年は5月18日から、「たいやき そら」でかき氷が販売開始です。

—–

こんにちは、吉祥寺のカフェ巡りが大好きなキチナビ(@kichinavikun)です^^

吉祥寺で美味しいたい焼きが食べられるお店の一つ「たいやき そら」。

「たいやき そら」さんは名前の通りたい焼き屋さんですが、夏にはかき氷が食べられます。

吉祥寺で人気のたい焼き屋さんが販売する、かき氷はどんな味なんだろうと思い、行ってみることにしました。

 

「たいやき そら」には予約表がある

「たいやき そら」の入り口に、予約台帳が置かれています。

このカキ氷予約表に書いておけば、時間になるまで吉祥寺を観光できます。

ただここに名前を書いてなくてもお店の席が空いていれば入れるので、お店の人に確認してみるのがおすすめです。

 

「たいやき そら」にはイートインスペースあり

予約表に書いた時間に戻るとお店の人に呼ばれて中へ。

座席数はカウンター6席ほどの小さなお店。

一つ席の間隔が遠すぎず近すぎずで落ち着きます。

 

「たいやき そら」の夏限定のかき氷メニュー

こちらが「たいやき そら」の夏限定のかき氷メニュー。

かなりメニューが豊富ですね。

めちゃくちゃ迷います。

今ものすごく黒蜜きな粉が食べたかったので、あずきと白玉が付いている「黒みつきな粉ミルクDX(1,100円)」を注文。

しばらく待っていると念願の黒みつきな粉ミルクDXが目の前に運ばれてくる。

 

黒みつきな粉ミルクDXのかき氷がふわふわで美味!

もうなんか見た目でノックアウト。

見た目もふんわり柔らか。

自分の手元に台を持ってくる。

この色大好き!!!

そして白玉もぽよっぽよ。

氷はふわふわなので台にはあまりこぼれません。

きな粉の大人な味。そして黒蜜をかけることによりさらに甘みがましてきてもう最高っ!

かき氷の中にはあずきも入ってました。

口の中が冷たくなってきたら温かいお茶で一息。

このギャップがたまんないんですよね。

妻が注文した生いちごミルクも一口もらいましたが、甘酸っぱくて美味しかったです。

たい焼き屋さんでかき氷!?と最初は戸惑いましたが、想像以上に美味しかったです。

 

冬には壺焼き芋が食べられる


夏はかき氷が食べられましたが、冬には壺焼き芋が食べられます。

サイズは以下の3種類。

  • 大 450円
  • 中 350円
  • 小 250円

グラム売りだそうです。

電話で予約して取り置いてもらった小〜中サイズ(310円)の壺焼き芋を購入して家で食べてみることに。

熱々です。中には色あざやかなお芋!

甘くてとっても美味しかったです^^

 

「たいやき そら」では一年中美味しいフードが食べられる

「たいやき そら」では、美味しいたい焼きが食べられるだけでなく、夏にはかき氷、冬には甘い壺焼き芋が食べられます。

お店の方も気さくで話しやすいので、居心地もかなり良かったですね。

イートインで食べるも良いですし、テイクアウトして食べ歩くのもおすすめです。

吉祥寺に来たらぜひ「たいやき そら」さんに来て美味しいフードを楽しんでください^^

 

「たいやき そら」の店舗情報

住所 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町3丁目10−3
アクセス 吉祥寺駅から徒歩10分
営業時間 木〜月曜日11時30分~18時00分
定休日 火〜水曜日
電話番号 080-2265-1704
HP 「たいやき そら」twitter

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でキチナビをフォローしよう!