西荻窪

西荻窪の「驢馬とオレンジ」でランチを食べゆったりとした時間を過ごす

西荻窪を散策中に、素敵なカフェを発見。

お店の名前は「驢馬とオレンジ」。

最初なんて読むのか分からず、ググってみると最初の漢字は「ロバ」と読むらしい。

2017年の12月にオープンしたばかりとのこと。

外から見るカフェの店内があまりに素敵だったので、ふらっと中に入ってみることに。

 

「驢馬とオレンジ」の店内は落ち着いた雰囲気

店内はシックで落ち着いた印象。

シンプルなんだけど、どこか温かい。

本棚には文学小説が並べられていて、自由に読むことができます。

 

 

「驢馬とオレンジ」ので遅めのランチをいただく。

「驢馬とオレンジ」のコーヒーメニューは、

・ブレンドのやわめ 450円
・ブレンドのこいめ 500円
・ストレート 600円
・アイスコーヒー 550円
・カフェオレ 550円

そのほかに紅茶やココアもいただけます。

ケーキはラムケーキとブラックチーズケーキの2種類。各400円。

ご飯はアジアン豚丼風とミートトマト煮込みの2種類。各950円。

どちらもコーヒーか紅茶をセットで頼むと100円引き。

お腹が空いていたので、アジアン豚丼風とブラックチーズケーキ、コーヒーのやわめを注文。

こちらがアジアン豚丼風。

 

生姜がいい具合に効いてて美味しい。玉ねぎもたっぷりです。

お米は玄米なので体にも良い。野菜やお豆もあるから栄養バランスもとれます。

 

続いてブラックチーズケーキとコーヒー。

 

ケーキは胡椒のスパイス感が後から口の中に広がります。

今まで食べたことない新しい感じ。

ヨーグルトの酸味が口の中をスッキリさせてくれますね。

コーヒーは浅煎りで飲みやすいです。ミルクを入れるとよりマイルドになります。

お腹いっぱいになったあとは一人たそがれる。

 

西荻窪の道行く人を眺めながらぼ〜っとする生活も良いな。なんて思いながら日は更けていく。

お店にいると、ハードボイルドの小説読みたくなる。

スローペースという言葉がぴったりなお店。

 

「驢馬とオレンジ」の名前の由来は?

閉店近くになり、お客さんがいなくなったのでオーナーさんとしばらく談笑。

「驢馬とオレンジ」の名前の由来を聞いてみると、昔、驢馬がオレンジを運ぶ国に住んでたことがありそう名付けたとのこと。

ショップカードも可愛らしい。

オーナーさんも気さくで話しやすく、笑顔がとっても素敵な方でした。

 

「驢馬とオレンジ」は居るだけでその空間に癒される

お店の雰囲気が落ち着いているので、居るかけで癒されます。

なかなかこの空間を作ることはできません。

オーナーさんの人柄だったり、お店に置かれている一つ一つのモノがすごく素敵でした。

西荻窪でぼ〜っと黄昏たくなった人は、「驢馬とオレンジ」に行かれてみてはいかがでしょうか?

 

「驢馬とオレンジ」の店舗情報

住所 〒167-0053 東京都杉並区西荻南2丁目21−3−1F 佐久間ビル
アクセス 西荻窪駅から徒歩7分
営業時間 11時00分~20時00分
定休日 木曜日
禁煙・喫煙 禁煙
HP 驢馬とオレンジTwitter

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でキチナビをフォローしよう!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です