観光スポット・地域情報

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」の感想や入園料・割引・無料公開日まとめ

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」リス

こんにちは、キチナビ(@kichinavikun)です^^

吉祥寺駅から徒歩10分の場所に「井の頭自然文化園(動物園)」があります。

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

動物園は子どもが好きな印象ですが、井の頭自然文化園(動物園)は動物がいるだけではありません。

彫刻館やアトリエ館など大人でも楽しめるような作りになっているんです。

今回は、井の頭自然文化園(動物園)に行ってきた感想や入園料・割引・無料公開日について紹介したいと思います。

井の頭自然文化園(動物園)の営業時間や入園料・割引・無料で行ける日まとめ

井の頭自然文化園 水生物園(分園)

井の頭自然文化園(動物園)の営業時間は9:30〜17:00

料金はこちら。

  • 一般 400円
  • 中学生 150円
  • 65歳以上 200円
  • 小学生以下 無料
  • 年間パスポート 1,600円

小学生以下と都内在住・在学の中学生は無料です。

中学生は生徒手帳を持参しましょう。

身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている人と、その付添者(原則1名)も無料

65歳以上のシニアは年間パスポートは800円で購入可能です。

無料開園日はこちら。

  • みどりの日(5月4日)
  • 開園記念日(5月17日)
  • 都民の日(10月1日)

※開園記念日(5月17日)が月曜日(休園日)の場合は、5月18日が無料開園日

※こどもの日(5月5日)はすべての中学生が無料(「小学生以下」および「都内在住・在学の中学生」は5月5日にかぎらず無料)

※老人週間(9月15日~9月21日)期間中の開園日は、60歳以上の方とその付添者(1名)は無料

年間パスポートは一般(高校生以上)が1,600円、65歳以上が800円です。

何度も来る人にとってはかなりお手頃ですね。

ちなみに井の頭自然文化園(動物園)は動物園と水生物園の2つからできています。

井の頭自然文化園 水生物園(分園)

1つのチケットの両端に2箇所の入場券がついているので、切り取らずにとっておきましょう。

 

井の頭自然文化園(動物園)の中は広々

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

井の頭動物園(自然文化園)の中は意外と広め。

平日なのでほとんど人はいませんでした。

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

土日は結構混んでますが、平日はそこまで混んでません。

春夏と秋冬では雰囲気が違うので、それぞれの四季ごとに来たくなります。

今回は右回りで回っていくことにしました。

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

入り口近くにはモルモットコーナーがあります。

夏は休止期間があり、この時は営業していませんでした。

動物さんも休みたくなりますよね。

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

モルモットコーナー近くにはペンギンがいます。

安定のかわいですね♪

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

カピバラさんやフェネックもかわいかったです^^

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

アジアゾウのハナコの歴史が知れる施設もあります。

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

アジアゾウのハナコは69歳でなくなるまで、日本最高齢のゾウとして知られていました。

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

2016年に亡くなってからも、みんなの心の中に生き続けています。

昔撮ったゾウのハナコ。

見るたびに胸がしめつけられます。

今までたくさんの思い出をありがとうございます!

感傷に浸ったあとも散策へ。

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」 吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

さる山もあります。

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

こちらは人気のリス園。

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」リス 吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

すばしっこくてめちゃくちゃかわいいです^^

脱走しないように気をつけながら出入りしましょう。

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」 吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

そのほかにも詩人の野口雨情さんの書斎「童心居」や、子どもの遊び場まであります。

ゆっくり見れば3時間〜半日はいられますね。

 

井の頭自然文化園(動物園)には彫刻館もある

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

井の頭自然文化園(動物園)には、彫刻館もあります。

ここではたくさんの彫刻が見られます。

中は撮影禁止なので気をつけましょう。

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」 吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」 吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

彫刻館の外にもたくさんの彫刻があるので、散策しているだけでも楽しめます。

 

ゆっくりランチができるカフェもある

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

井の頭動物園(自然文化園)には、テラスで座ってゆっくりできる売店「はな子カフェ」や「こもれび」があります。

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

ベンチがあるので、ご飯を食べながらゆっくり過ごせます。

※はな子カフェは当面の間平日は閉店しているとのことです

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」ぞうさん弁当
井の頭自然文化園(動物園)でランチするなら「こもれび」と「はな子カフェ」がおすすめこんにちは、キチナビ(@kichinavikun)です^^ 大人400円で入園できるにも関わらず見所満載の「井の頭自然文化園(動物...

 

井の頭自然文化園(動物園)は遊園地もある

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

井の頭自然文化園(動物園)は遊園地もあります。

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

メリーゴーランドなど、なぜか回る乗り物が多いです。

動物園といいつつ何でもあります。

 

井の頭自然文化園(動物園)は家族で楽しめる場所

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」

今回は井の頭自然文化園(動物園)に行ってきましたが、家族で楽しめる素敵な場所でした。

水生物園(分園)」も込みで400円なのでかなり安いです。

ただ暑い日は動物も休んでるので、涼しい季節に行かれる方がいいかもしれません。

井の頭自然文化園 水生物園(分園)アオサギ

それから水生物園(分園)のアオサギも必見です。

動物好きの方は、ぜひ行ってみてください^^

 

吉祥寺「井の頭自然文化園(動物園)」の施設情報

住所東京都武蔵野市御殿山1丁目17−6
アクセス吉祥寺駅から徒歩10分
営業時間9:30~17:00
※最新の営業時間はお店のHPで確認をお願いします
定休日月曜日、年末年始(12月29日から翌年1月1日)
入園料金一般400円
中学生150円
65歳以上200円
電話番号0422-46-1100
HPHP

井の頭自然文化園 水生物園(分園)アオサギ
井の頭自然文化園 水生物園(分園)に「アオサギ」を見に行ってきた吉祥寺の井の頭自然文化園 水生物園(分園)に「アオサギ」を見に行ってきました。アオサギはジブリ映画「君たちはどう生きるか」にも登場した鳥です。...