ニューオープン

吉祥寺のアルゼンチンカフェ「カフェ アルヘンティーナ」ではエンパナーダとアルファホールが食べられる

カフェ アルヘンティーナのエンパナーダとアルファホール

【2020年10月12追記】

カフェ アルヘンティーナさんが、諸事情があってしばらくお休みされるとのことです。

そのため最新情報はお店のSNSで確認をお願いします。

—–
こんにちは、キチナビ(@kichinavikun)です^^

2020年10月6日、吉祥寺駅から徒歩数分の井の頭通り沿いに「カフェ アルヘンティーナ(Café Argentina)」というアルゼンチンカフェがオープンしました。

カフェ アルヘンティーナの外観

CUCINA Caldo Luce(クチーナ カルド ルーチェ)」さんのお店で、火水のみ間借り営業されています。

どんなお店なのかオープン初日に早速行ってきました。

 

店内はおしゃれでBGMはタンゴが流れている

カフェ アルヘンティーナの店内はおしゃれ。

BGMはタンゴが流れています。

CUCINA Caldo Luce(クチーナ カルド ルーチェ)さんが営業している時にも来たことがありますが、BGMが変わるだけで雰囲気はガラッと変わるのが面白いです。

 

カフェ アルヘンティーナ(Café Argentina)のメニューや値段

カフェ アルヘンティーナ(Café Argentina)のメニュー

カフェ アルヘンティーナ(Café Argentina)のメニューはこちら。

  • 牛挽肉のエンパナーダセット 1,450円
  • りんごのエンパナーダセット 1,000円
  • 牛挽肉のエンパナーダ 500円
  • りんごのエンパナーダ 500円
  • アルファホール 400円
  • 4種類のアルファホール 1,200円
  • コーヒー 500円
  • マテ茶 500円

オープン記念で7日までセットメニューが割引になっています。

エンパナーダは具入りのパンまたはペイストリー、アルファホールはクッキーの間にたっぷりのキャラメルを挟んだアルゼンチンのお菓子のことです。

日本ではなかなか見ないですよね。

支払いは現金のみで料金は前払いです。

 

牛挽肉のエンパナーダセットは挽肉たっぷりで美味しい

カフェ アルヘンティーナのエンパナーダとアルファホール

今回は牛挽肉のエンパナーダセットをいただくことにしました。

エンパナーダは出来立て熱々でパイのいい香りが漂ってきます。

カフェ アルヘンティーナのエンパナーダ

中には牛肉がたっぷり入ってます!

これぞ南米と言う感じです。

パイ生地はサクサク。塩胡椒で味付けされた挽肉の旨味が口の中に広がってきます。

茹で卵やレーズン、オリーブなども入って美味しいです。

アルファホールも甘くて美味しい〜。

おやつにぴったりのサイズでした。

マテ茶は日本茶のような味わいです。

茶葉の苦味も感じられつつさっぱりしているので飲みやすいです。

飲むと口の中がすっきりします。

酸味のあるサラダのサルサ・クリオーシャもどれも美味しかったです^^

 

カフェ アルヘンティーナ(Café Argentina)では美味しいアルゼンチン料理が食べられる

今回はカフェ アルヘンティーナ(Café Argentina)に行ってきましたが、アルゼンチン料理が食べられて大満足でした。

アルゼンチン料理が食べられるお店は吉祥寺周辺ではあまりないので嬉しいです。

実はキチナビも過去にアルゼンチンに行ったことがありますが、イグアスの滝がど迫力でものすごく感動したのを今でも覚えています。

オーナーさんも旅が大好きで、熱い南米の旅話が聞けて楽しかったです^^

ちなみにインスタやTwitterのアイコンになってる牛さんは手書きだそうです。

この牛さんにいつも癒されてます^^

テイクアウトもできますし、武蔵境の「8K(ハチケー)」というシェアキッチンでも月に2回ほど営業されているそうです。

吉祥寺でアルゼンチン料理が食べたい方は、ぜひ行ってみてください^^

 

吉祥寺「カフェ アルヘンティーナ(Café Argentina)」の店舗情報

住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-3-2
アクセス 吉祥寺駅から徒歩数分
営業時間 火水曜日の9〜15時
定休日 木〜月曜日
電話番号 不明
Instagram Instagram

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でキチナビをフォローしよう!