食べ物宅配

ベースブレッドを朝食か夜ご飯に置き換えダイエットしてみた結果|食べすぎると太る

BASE FOOD(ベースフード)パン継続コース スタートセット2

こんにちは、キチナビ(@kichinavikun)です^^

在宅勤務・テレワークが続くと太りがちです。

私も万年ダイエットを続けていますが、なかなかうまくいきません。

何かいい方法がないか探している時に見つけたのが完全栄養食※の「ベースブレッド(フード)」。

6種のビタミンやミネラル、たんぱく質、食物繊維など体に必要な栄養素が詰まっていて、健康志向の方に人気です。

ベースブレッド(フード)でダイエットしようと思われている方も多いと思います。

そこで今回は、1ヶ月間ベースブレッド(フード)を朝食か夜ご飯に置き換えてダイエットしてみた効果・メリットとデメリットをこのブログで紹介したいと思います。

【2022年7月3日更新】
以下の公式サイトのリンクからベースブレッド(フード)を申し込めば初回はどれだけ買っても20%OFF、2回目以降も10%OFFと最もお得に買えます。賞味期限は約1ヶ月前後である程度の保存食としても重宝できます。新商品の食パンも今は通販限定販売です。いつでも解約・内容も変更できるので、試しに買いたい方は安くておすすめですよ^^

\初回20%OFFで買える/
ベースブレッドの公式HPはこちら

ベースブレッド(フード)のカロリーや糖質は高い?原材料も紹介

ベースブレッド(フード)のカロリーと原材料

まずはベースブレッド(フード)のカロリーを種類別に紹介します。

ベースブレッド プレーン205kcal
ベースブレッド メープル264kcal
ベースブレッド チョコレート255kcal
ベースブレッド シナモン262kcal
ベースブレッド カレー253kcal
ベースクッキー ココア154kcal
ベースクッキー アールグレイ153kcal
ベースクッキー 抹茶153kcal
ベースクッキー さつまいも152kcal
ベースクッキー ココナッツ159kcal
ベースパスタ アジアン394kcal
ベースパスタフィット チーネ375kcal
ベースブレッド ミニ食パン・プレーン233kcal

カロリーはそこまで高くありません。

プレーンの糖質は20.7gです。

同量のロールパンと比較した場合の糖質量は約30%OFFと控えめです(参照:公式HP)。

ものすごく低いわけではありませんが悪くはない数値です。

何が入ってるかプレーンの原材料も掲載しておきます。

【プレーンの原材料】
小麦全粒粉、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、鶏卵、ライ麦全粒粉、小麦胚芽、米ぬか、バター、食用こめ油、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、真昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/酒精、調味料(無機塩)

全粒粉にはミネラルやビタミンなどたくさんの栄養素が含まれています。

合成保存料や合成着色料などの添加物は使われてません。

値段はパンが1個237円〜270円、クッキーが1個194円、パスタが1袋312円です。

他のコンビニで売られているパンと比べると割高ですが、手軽に栄養が摂れることを考えると悪くはありません。

\初回20%OFFで買える/
ベースブレッドの公式HPはこちら

今回試したベースブレッド(フード)の置き換えダイエットのやり方・食べ方

ベースブレッドはドラッグストアのサンドラッグで買える3

今回試したベースブレッド(フード)の置き換えダイエットのやり方・食べ方はこちらです。

  • 1日一食ベースブレッド(フード)に置き換える
  • 朝は1個だけ
  • ランチは好きなものを食べる(食べ過ぎ注意)
  • 夜食べる場合は2個
  • よく噛んでゆっくり食べる(これ大事!)
  • チートデイを作る(食べたくない日は無理して食べない)

ベースブレッドは2個で1食分と言われていますが、腹持ちがいいので朝の場合は1個だけにしました。

私は極度の面倒くさがりなので、アレンジメニューにしていません笑。

アレンジすること自体はいいと思いますが、手間をかけたくないからベースブレッド(フード)を食べてるのにアレンジしたら結局手間をかけてしまうことになるからです。

夜はベースブレッド(フード)だけだと寂しくなる時があるので、その時はサラダやお惣菜をプラスしてました。

惣菜の量によっては夜でも1個にしたりと、その時々で食べる量は調整はしてましたね。

夜の置き換えがしんどい方は、職場に持っていってお昼のランチを置き換えにしてもいいと思います。

続けることが一番大事なので、自分が続けやすいと思うやり方でやられるのをおすすめします。

 

1ヶ月間ベースブレッド(フード)を朝食か夜ご飯に置き換えてダイエットしてみた効果・結果

1ヶ月間ベースブレッド(フード)を朝食か夜ご飯に置き換えてダイエットしてみた効果・結果は1.4kg減で痩せました。

ベースブレッド(フード)を食べ始める前と後の生活は変えていません。

夜ご飯は今までラーメンや唐揚げ定食など1,000kcal以上はとっていたので、摂取カロリー自体が減った感じです。

朝食か夜ご飯にベースブレッド(フード)を置き換えただけでこの結果なので嬉しいです^^

高カロリーの食事をベースブレッド(フード)に置き換えるだけでもある程度は痩せると思います。

\初回20%OFFで買える/
ベースブレッドの公式HPはこちら

ベースブレッド(フード)の置き換えダイエットをやって感じたメリット|腹持ちがいい

ベースブレッド ドラッグストア サンドラッグで買ったプレーン

続いてはベースブレッド(フード)の置き換えダイエットをやって感じたメリットを紹介します。

  • 手軽に栄養が摂れる
  • 朝の置き換えは楽
  • 料理をする時間や洗い物の手間が省ける
  • 腹持ちがいい

ベースブレッド(フード)の置き換えダイエットをやって一番良かったのは、時間が短縮できたことです。

特に朝はバタバタしがちですが、ベースブレッド(フード)は食べるだけなのでほんと楽です。

食器を洗う必要もないですし、手軽に食べられて腹持ちもいいのが助かりましたね。

職場で小腹が空いた時にも重宝できます。

ランチや夜ご飯に置き換える場合は、外食するよりもコストを抑えられます。

食べた後も眠くならないので、午後も集中して仕事ができるようになりました。

時間にゆとりができたのは大きなメリットでしたね。

\初回20%OFFで買える/
ベースブレッドの公式HPはこちら

ベースブレッド(フード)の置き換えダイエットをやって感じたデメリット|食べ過ぎると太る

続いてベースブレッド(フード)の置き換えダイエットをやって感じたデメリットを2つ紹介します。

1.飽きる

まず一つ目は、飽きることです。

いくら種類があるはいえ、食感はどれも同じです。

今は朝食をメインに置き換えてますが、1日3食ベースブレッド(フード)を食べていた時はさすがに飽きました。

心が無になっていくんですよね笑。

いくら栄養バランスがいいといっても、ベースブレッド(フード)だけで生活するのは体にもよくない・悪いと思います(特にメンタル的に)。

なので月に数回は好きなものを食べるチートデイを作るのをおすすめしたいです。

また夜ご飯がベースブレッド(フード)だけだと寂しい気持ちになります。

続ける目的であれば、朝食か昼ごはん・ランチに置き換える方が気持ち的に楽です。

 

2.食べ過ぎると太る

続いて2つ目は、食べ過ぎると太ることです。

口コミにもありますが、ベースブレッド(フード)限らずどんなに低カロリーで糖質が制限されていても、食べすぎると太ります。

またベースブレッド(フード)を食べたことで安心して、他のカロリーが高いものを食べると太ります。

ベースブレッド(フード)に限らず、どんなものでも食べ過ぎは気を付けましょう。

\初回20%OFF/
ベースブレッドの公式HPはこちら

ベースブレッド(フード)の1ヶ月(月額)の食費や食べる頻度はどれくらい?

ベースブレッド(フード)の置き換えダイエットを始める際に気になるのが1ヶ月(月額)の食費・値段です。

公式サイトには月20食が目安と書かれていたので、月20食の頻度で食べると仮定します。

コンビニでのベースブレッド(フード)の値段が1個237円〜270円なので、平均して1個250円と設定。

  • 毎日1個食べると250円×20日=月5,000円
  • 毎日2個食べると500円×20日=月10,000円

かかります。

これを高いと思うか安いと思うかですよね。

偏った食事で体調を崩してしまうよりは、健康にお金を払う方が全然いいと思います。

体調を崩すと治療費や薬代もかかりますし、学校や会社も休まなければいけません。

健康のことや、料理の手間が省けるメリットを考えると払う価値はありです。

それから経験がある方も多いと思いますが、値段が安くて美味しいものは太りやすいです笑。

菓子パンやお菓子なんかいい例ですよね。

ベースブレッド(フード)くらいの値段の方が頑張ろうって気持ちになります。

 

ベースブレッド(フード)を買うなら公式サイトがおすすめ!コンビニの値段より安い

ベースブレッドの友達紹介コード

今回は、1ヶ月間ベースブレッド(フード)を朝食か夜ご飯に置き換えてダイエットしてみた効果・メリットとデメリットを紹介させていただきました。

時間が短縮できて手軽に栄養が摂れるのが良かったです。

ベースクッキーに関しては、食べ過ぎなければおやつで食べてもいいと思います。

ベースブレッド(フード)は一部のコンビニやドラッグストアで売られていますが、安く買いたい場合は公式サイトで定期購入するのがおすすめです。

公式サイトだと初回20%OFFで最もお得に買えます。

初回はどれだけ買っても20%OFFになるので、できるだけたくさん買う方がお得です。

2回目以降も10%OFFになりますし、毎月自宅に届けてくれるので圧倒的に楽です(さらにベークッキー1袋無料プレゼント付き)。

賞味期限も常温で約1ヶ月もつので、非常食として災害など何かがあって外に買いに行けない時でも安心です。

定期購入でも縛りはなくていつでも解約できるので、お試しで申し込んでみるのもおすすめですよ^^

\初回20%OFFで買える/
ベースブレッドの公式HPはこちら

※完全栄養食のベースブレッドとは、1食(2袋)で栄養素等表示基準値に基づき、過剰摂取が懸念される脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含むフードのことです。

ベースブレッド コンビニ ファミマ
【7月最新版】ベースブレッドはコンビニのファミマやローソンで買える!販売店舗や安く買う方法も紹介完全栄養食パンのベースブレッド(フード)はコンビニのファミリーマートやナチュラルローソン・セブンイレブンで買えます。最新の販売店舗情報や割引価格でお得に買う方法も紹介しています。...
ベースブレッドの友達紹介コード
【お試し】ベースブレッドの良い評判や悪い口コミ・まずいのか感想をレビュー!継続コース スタートセットが安くてお得BAS FOOD(ベースフード・ベースブレッド)の良い評判や悪い口コミ・お試しでパン継続コース スタートセットを食べた味の感想、カロリーをレビュー評価紹介しています。まずいと言う口コミもありますが、個人的にはかなりおすすめです。アルコール問題も取り上げています。...
ベースクッキー
【辛口】ベースクッキーの味の感想レビュー!まずいというより美味しくないベースクッキーの味の感想を辛口でレビューしています。まずいというより美味しくないです。新作・新商品のさつまいも・ココナッツ・抹茶味も食べてみました。口コミや評判、カロリー、コンビニやドラッグストアで買えるのかも紹介しています。...
ベースブレッド(フード)通販のAmazon・楽天
【通販】ベースブレッドはAmazonや楽天で買うのは損!公式サイトで定期購入する方が安いしおすすめベースブレッド(フード)を通販サイトで買うならAmazonや楽天より公式サイトがおすすめな理由について解説しています。...
ベースブレッドはドラッグストアのサンドラッグ で買える
ベースブレッドはドラッグストアのサンドラッグやトモズで買える!20%OFFで買う方法も紹介ベースブレッドベースブレッド(フード)が販売開始はドラッグストアのサンドラッグやトモズでも買えます。値段や味の種類を紹介しています。かなり美味しいです。スギ薬局やマツキヨでも売ってるのか調べてみました。安く売ってる場所も紹介しています。...
【要注意】ベースフード(ブレッド)の支払い決済方法|購入前に知っておきたい注意点ベースフード(ブレッド)の支払い決済方法と、支払い方法変更できるかなどの購入前に知っておきたい注意点を紹介しています。...
【要注意】ベースフード(ブレッド)を解約・退会する際の注意点ベースフード(ブレッド)の解約方法や、解約・退会・休止する前に知っておきたい注意点を紹介しています。...
ベースブレッド ミニ食パン・プレーン
【新作】ベースブレッド ミニ食パン・プレーンを食べてみた!公式サイトで先行販売中新発売のBASE BREAD(ベースブレッド)ミニ食パン・プレーンの口コミや評判、食べた味の感想・値段を紹介しています。公式サイトで先行販売中です。...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でキチナビをフォローしよう!