丼・定食

吉祥寺にある「まぐろのなかだ屋」の特選海鮮丼は一度で二度楽しめる!

こんにちは、吉祥寺のカフェ巡りが大好きなキチナビ(@kichinavikun)です^^

吉祥寺駅中央口から徒歩1分、ハーモニカ横丁(通称ハモニカ横丁)の入り口付近に「まぐろのなかだ屋」という美味しい魚が食べられるお店があります。

こちらはカウンター12席のみで、一人で来ているお客さんも多いので居心地が良いんですよね。

美味しいマグロが食べたい時によく利用させてもらっています。

久しぶりに「まぐろのなかだ屋」のご飯が食べたくなり行って来ました。

 

「まぐろのなかだ屋」のメニュー

「まぐろのなかだ屋」のメニューは以下。

  • なかだ屋特製海鮮丼 1,080円〜
  • ネギトロ丼 690円
  • 二色丼(ネギトロ・サーモン) 690円
  • づけ丼 690円
  • ネギトロいくら丼 790円
  • まぐろ丼 690円
  • 特盛り二色丼880円
  • 三品丼(づけまぐろ・ネギトロ・納豆) 910円
  • ネギトロいくら丼 1,240円
  • サーモンいくら丼 1,240円
  • づけ納豆丼 690円
  • 山かけ丼 690円

ビールや日本酒、ソフトドリンクなどドリンクも注文できます。

 

なかだ屋特製海鮮丼は一度で2度楽しめる

普段はネギトロ丼やマグロ丼を頼むんですが、せっかく来たのでなかだ屋特製海鮮丼を頼んでみることに。

カウンターの後ろに今日のネタが書かれています。

キャッチコピーは「二度楽しめる」。映画の「カメラを止めるな」みたいでワクワクします^^

なかだ屋特製海鮮丼は中(1,080円)と上(1,380円)の2種類。

比較的お財布に優しい中を選ぶことに。

まずはセットのスープ。

魚介のダシが効いてて飲みやすいです。

続いてメインのなかだ屋特製海鮮丼。

サーモンもマグロも新鮮で美味しいです。

2度楽しめるという意味は、お刺身をご飯と一緒に楽しんだ後、だいたいご飯が残りますよね。

ご飯に出汁茶漬けの素(葱醤油・海苔ワサビ・辛味噌)のどれかを選び、スープをかけることでお茶漬けとして楽しめるという意味です。

僕はワサビが好きなので。海苔ワサビを選択。

出汁とご飯がよく合う。お茶漬けは日本の心ですね。

美味しくいただけました^^

ちなみにご飯とスープはお代わり一杯無料です。

 

「まぐろのなかだ屋」では美味しい刺身が食べられる!

今回初めて「まぐろのなかだ屋」で特製海鮮丼を食べましたが、すごく美味しかったですね。

お値段はそれなりにしますが、その後幸せな気持ちになれます。

吉祥寺の駅近くで、美味しい海鮮丼が食べたい人におすすめです。

 

「まぐろのなかだ屋」の店舗情報

住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-1
アクセス 吉祥寺駅中央口から徒歩1分
営業時間 11:00~23:30
定休日 不定休
電話番号 0422-29-0297
禁煙・喫煙 禁煙
HP 不明

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でキチナビをフォローしよう!