閉店情報

【閉店】fig(フィグ)|吉祥寺と三鷹の間にあるかわいいパン屋さん

【2021年2月21日追記】
2021年2月20日、吉祥寺と三鷹の間にあるパン屋さんの「fig(フィグ)」が閉店しました。

参照:http://pain-aux-fig.blogspot.com/

とっても可愛いパン屋さんで何度も買わせていただきましたが寂しくなりますね…。

今まで営業していただいてありがとうございました!

———-

こんにちは、キチナビ(@kichinavikun)です^^

吉祥寺駅から15分、三鷹駅から13分、井の頭通りを歩いたところfig(フィグ)という小さなパン屋さんがあります。

fig(フィグ)は英語で「イチジク」という意味。

オーナーさんの実家の庭でとれたイチジクを、母親が毎日ジャムにしてたくさん作ってくれたことが名前の由来になっています。

久しぶりにfig(フィグ)のパンが食べたくなり行って来ました。

毎日20種類以上のパンが作られています。

fig(フィグ)はテイクアウト専門店です。

毎日20種類以上のパンが作られています。

時間帯によってあるパンが違うので、行くのがワクワクしますね。

お値段も200円前後と最近のパン屋さんと比べてもリーズナブルです。

人気のクリームパンは、ふんわり生地に中にクリームがたくさん。

あっという間に完食しちゃいました。

イチジクの形をしたfig(フィグ)パン。

弾力があって食べ応えがあります。

もう一つ購入したパンもバターの風味が口の中いっぱいに広がります。

このまま食べても全然いけますね。

小腹が空いた時に食べたくなります。

 

fig(フィグ)ではおやつにぴったりのかわいいパンが食べられる

fig(フィグ)は店内もスタッフさんもかわいい雰囲気が滲み出ていて、ふらっと行きたくなるんですよね。

こっちまで気持ちがほっこりするというか、温かい気持ちになれるんですよね。

小さくて食べやすいので、お子さんへのご褒美だったりおやつにぴったりです。

地元の方はもちろん、パン屋さんが好きな人はぜひfig(フィグ)に行って、かわいくて美味しいパンを食べてくださいね^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でキチナビをフォローしよう!