日本食

吉祥寺に「カフェ茶色」がオープン!和と洋が融合したおしゃれな和カフェ

吉祥寺の「カフェ茶色」のフードとドリンク

こんにちは、キチナビ(@kichinavikun)です^^

2020年6月26日、吉祥寺駅北口から徒歩7分、サンロード商店街の突き当たり近くに「カフェ茶色」という和カフェがオープンしました。

吉祥寺「カフェ茶色」

せのおビルの3階と4階がお店です。

日本文化を守るため、新しい日本文化の可能性を発信するためにオープンされたお店です。

どんなお店なのか早速行ってきました。

入り口は普通のマンションみたいですね。

キチナビが行った時はドアは閉まっていて、「後ろの呼びを鳴らしてください」と書かれてました。

友達の家に来たみたいでドキドキです^^

 

店内はおしゃれな空間

吉祥寺「カフェ茶色」の店内

中に入ると和と洋が融合したおしゃな内装に胸を打たれました。

おしゃれな雰囲気大好きです!

こちらは3階席で、4階も準備が整い次第開放するそう。

テラス席もあるみたいなので、晴れた日は気持ちが良さそうですね^^

 

カフェ茶色のメニューと値段

吉祥寺のカフェ茶色のメニュー

カフェ茶色のメニューは日本茶がメイン。

お値段は375〜500円(税抜)でトッピングやタイプが選べます。

お汁粉やマフィンのデザートもあります。

すべての食品は乳製品不使用です。

ランチも徐々にやっていくそうです。

今回はアイスの玄米茶と茶通シナモンロールを注文しました。

 

茶通シナモンロールは味噌あんこ入りで新しい味

吉祥寺の「カフェ茶色」のシナモンロール

こちらが茶通シナモンロール。

想像していたシナモンロールの形と違うっ!!

いい意味で裏切られましたね。

盛り付けがおしゃれです。

抹茶の苦味をしっかり味わえます。

それと同時に味噌あんこが入っているので、洋の味も感じられつつ和の甘味も感じられます。

今まで食べたことのない新しいスタイルです。

玄米茶は口当たりがスッキリ。

スイーツと玄米茶の組み合わせって合いますね。

量も多くて飲みながらゆっくりしていました。

 

カフェ茶色は新しい可能性を秘めたカフェ

今回初めてカフェ茶色に行きましたが、おしゃれな雰囲気の中美味しい和スイーツが食べられて良かったです。

スタッフさんはアメリカ人の方と日本人スタッフさんがいます。

お二人とも気さくで色々とお話を聞かせてもらえました。

日本の可能性を広げようとしてくれている姿に感銘を受けましたね。

和スイーツやドリンクを楽しみたい方は、行かれてみてはいかがでしょうか?

 

吉祥寺「カフェ茶色」の店舗情報

住所 武蔵野市吉祥寺本町1-11-21 せのおビル3階・4階
アクセス 吉祥寺駅北口から徒歩7分
営業時間 月・火・水:13:00〜21:00
金・土・日:13:00〜23:00
※最新の営業時間はお店のSNSをご確認ください
定休日 木曜日
電話番号 不明
HP Instagram

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でキチナビをフォローしよう!

吉祥寺・三鷹で気軽にデリバリー

menu(メニュー)アプリを使えば自宅や職場に気軽にデリバリーできます。吉祥寺のお店も多数加入しています。1,500円(750円×2枚)の割引クーポンコードもあるので良かったら使ってください^^

割引クーポンコード:36801

iOS版はこちら
Android版はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でキチナビをフォローしよう!